エクスレンダーの口コミの評判は実際どうなの?エクスレンダーの口コミ、評判から効果を徹底検証してみました。気になる方はこちらをご覧になってください。

エクスレンダーの口コミの評判は実際どうなの?効果を徹底検証!

ぽっこりお腹を解消する歩き方とは?



ぽっこりお腹を撃退するのに、腹筋よりも歩くことが効果的だと言われていることはご存知でしょうか?

ぽっこりお腹になってしまう原因の一つに、腹横筋の衰えがあるとされているのですが、この部位はただの腹筋で鍛えることができないと言われているのです。

歩くというのは言うのは毎日当たり前に行う動作です。

この動作を正しく行うことで、ウエストを引き締める効果だけでなく、美脚などの効果も期待できるのです。

今回は体を引き締めてくれる正しい歩き方のコツをご紹介します。

まずは正しい姿勢を意識するようにする

歩くと言ってもただ歩けば良いというわけではありません。

「正しい姿勢」で歩くということがとても大切です。

・猫背になっている。

・ガニ股である。または内股である。

・足を引きずっている

普段から、このような姿勢で歩いてはいませんか?

あまり良くない姿勢で歩くと、下半身が引き締まることなく弛んでしまうと言われていて逆効果になってしまうこともあります。

・腰から頭の頂点までまっすぐになっていること。

・膝が自然に伸びていること

このことを意識して歩くようにすると、インナーマッスルが鍛えられウエストを引き締めてくれる効果が期待できるようになると言われているのです。

また歩くときは大股で、いつものスピードよりも早く歩くようにするとよいでしょう。

だいたい1.5~2倍程度のスピードが目安です。

丹田に力を入れる

正しい姿勢で歩くために大切なのは、おへその下4~5cmの位置にある丹田にしっかりと力を入れることです。

そうすることで、体がぶれずに安定すると言われています。

丹田に力を入れると言われても、いまいちどうすれば良いかわからない。

そんな時はドローインを意識します。

ドローインとはインナーマッスルを鍛える体幹トレーニングです。

ドローインは背中を伸ばし大きく息を吸い、お腹と背中をくっつけるようにお腹をへこましてください。

息を吐きながら、さらにお腹を凹ませます。

こうすることで、下腹に力を入れながら歩くことができます。

肩甲骨を意識する

特に歩くとき猫背になってしまう人は、肩甲骨を意識して腕を振るようにしましょう。

肘を直角に曲げ、リズミカルに腕をしっかり振ることで早く歩くこともできます。

また肩甲骨を背骨に向かって引き寄せるようにすると、背筋が伸び、正しい姿勢で歩くことが出来るようになると言われています。
 

骨盤を前傾にする

しっかりと腕が振れるようになったら、次は骨盤を前傾させて歩くように意識してみましょう。

骨盤を前傾にするとは「骨盤をたてる」とも表現されます。

丹田に力を入れ、お尻を引き上げるようにすると骨盤が前傾するようになると言われています。

骨盤が前傾になることで、背筋が伸び、胸を張った状態になります。

この状態で歩くことで、上半身と下半身の動きが連動しグングン前に進めるようになるでしょう。

骨盤の動きがわかりづらい場合は、骨盤周辺の筋肉をほぐすようにエクササイズをしてみてください。

まとめ

正しい歩き方をすると、お腹を引き締める効果だけでなく美脚効果、膝や腰の負担を軽減などのメリットもあります。

他にも冷え症や便秘の解消などの効果も期待できると言われていて、良いこと尽くしです!

あまり最初から無理をすると、体を壊してしまう場合もありますので無理せずちょっとずつ時間を伸ばすようにしてくださいね。